今日は冬至

 

クリスマスイルミネーションと一緒に駅前のお店は、どんどんお正月ムードへと進んでおります。年末ってどうして慌ただしくなっていくのでしょうね~ちょっと苦手です。それでもたち花のある田園調布の街は、ゆったりしていて都心から戻るとホッとします。

Read More

飾る~若林和恵の花器

今日は若林和恵さんの大きな花器をご紹介します。この花器は、若林さんのたち花での最初の展覧会の時に出品されたもの。銀彩が施してあります。今は渋い色になっていて、落ち着いた雰囲気。その中にも若林さんらしい華やかさと軽やかさがあります。

Read More

飾る~若林和恵の蓋物

東京はすっかり夏の陽射し。さてさて、飾る現代陶芸の作品ということで、ご紹介しております。今日は若林和恵さん。若林さんは、昨日から横浜高島屋7階美術工芸サロンで「木越あい・若林和恵展(硝子・陶芸)」。お近くの方は、コロナ感染予防をしながらご無理のない範囲でぜひ、行ってご覧になってくださいね。

Read More

使って飾って~若林和恵のうつわ

4月も半ばを過ぎて、新緑はますますエネルギッシュ。先を急ぐように季節が変わって行きます。日々の気温の寒暖差にはご注意くださいね。コロナ感染者が増え続けて先の不安は尽きませんが、毎日を丁寧に過ごすことで、余計な心配をせずに静かな気持ちでいられるような気がしています。

Read More

水の上の光をそこに~若林和恵のうつわ

春の気温は本当に気まぐれで困ってしまいます。ヒンヤリした空気は光をクリアにしてくれるよう。太陽の光は初夏へと早足で進んでいます。毎朝の散歩道には川があって、太陽の光に水面がきらきら本当にきれい。今日の若林和恵さんのうつわは、この光の一瞬のゆらめき。

Read More

小さな器の楽しみ~若林和恵の酒杯

3月に入って、気温がぐんと上がりました。今日の東京は朝から白い曇り空に時々雨。風が強く吹いています。こんな春の嵐のような日は、部屋で静かに過ごすおこもり感が好きです。明日はひな祭り。子どもの頃のこんな天気のひな祭りを思い出します。ひな祭りには白酒。甘酒よりしっかりアルコールが入っているから、子どもの時には飲めません(笑)

Read More

春色のお皿~若林和恵の彩色皿

今日の東京は、雲一つない真っ青な空です。寒さと暖かさが交差しながら、季節は春へと進んでいます。今日は若林和恵さんのお皿。色がとっても素敵なお皿です。色が好きな人が色を使うと、こんな風になるのかなぁと眺めています。この色の次にはどの色を使おうか・・・と様々な色の組み合わせを楽しそうに考えている若林さんの姿が思い浮かびます。

Read More

春が待ち遠しい~若林和恵のうつわ

今日は暖かくてほっとしました。青空と白い空が交互に現れて不安定だったけれど、陽射しがやわらかな東京でした。たち花には初めてフラリと入ってきてくださるお客様が増えて、春にむかう季節の動きを感じます。たち花だよりは、これからしばらくインスタグラムとつなぎながら、うつわのご紹介をしていくつもりです。

Read More

本年もよろしくお願い申し上げます

新年あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

お正月は皆さまいかがお過ごしでしたでしょうか。元旦は美しい青空でしたね。たち花のスタッフもそれぞれに穏やかに新年を迎えることができました。ギャラリーは昨日から通常通り営業、早速、氏神様の浅間神社に初詣してきました。

Read More

若林和恵展から下和弘展へ

秋分の日が過ぎ、秋が深まっています。先週末で、若林和恵さんの個展が終了いたしました。コロナ禍のスタイルの中で、たくさんのお客様や若林ファンの皆様にいらしていただきました。落ち着かない日々、若林さんの美しい作品、カラフルなうつわの数々でしばし楽しい時間をお過ごしいただけたようです。ありがとうございました。

Read More