川崎 毅 展~鉢など

 

今日も見事な秋晴れの東京です。川崎さんの個展が始まってからほとんど毎日晴れ。気持ち良いお天気が続いています。窓からの陽射しは強いけれど、この時期特有の少し翳りを含んだような明るさ。季節ごとの光の違いを感じますね。川崎さんのオブジェは、影ができるような構成なので、光が差す方向によって表情が変わります。太陽の動きとともに変化する風景を楽しんでいただきたいと思います。

Read More

川崎 毅 展~花入など

 

週が変わって、川崎毅展は今週いっぱい開催しています。今日は川崎さんはお休みです。明日からは最終日まで在廊予定で、お昼くらいから終了時間近くまではいらっしゃると思いますので、どうぞ会期中にお出かけください。今回のたち花の展覧会は、オブジェがメインですが、根強い人気の白い磁器のうつわも出品されました。川崎さんの描く絵は詩的。ひとつも同じ絵はないので、みなさん楽しそうにだいぶ迷われて選んでいらっしゃいました。残り僅か!

Read More

川崎 毅 展~オブジェなど

 

今日も朝から秋晴れの青空には、雲ひとつありませんでした。都心では、天皇陛下の即位に伴う祝賀パレードなんですね。新しい時代になって環境や価値観が変わっても、案外、人の根っこにある静かで優しい気持ちは変わらないのかもしれません。川崎さんの作品がかもしだす雰囲気は、そんな柔らかなものかなと思います。ゆっくりお話しながら、ユーモアのある言葉をぽろっともらしてはニヤッと笑顔の川崎さんです。

Read More

川崎 毅 展~はじまりました

 

昨日から、川崎毅さんの個展が始まりました。川崎さんは、会期中は来週の月火11/12日以外はギャラリーにいらっしゃっています。今回の個展では、うつわも出品されています。川崎さんの白い磁器のうつわには永いファンの方々がいらして、今日も「50年も使っているのよ」とおっしゃるお客さまがいらっしゃいました。若い川崎青年のうつわを持っているなんて!うらやましいなぁ!!

Read More

川崎毅さんの個展は金曜からスタート

しばらくブログを書くのが止まっておりました。今週は、川崎毅展が始まります。また毎日書きますよ~インスタグラムもよかったら覗いてみてくださいね! 東京はこのところ晴れのお天気が続いています。この秋は、台風到来で落ち着かないうちにもう晩秋の気配となりました。まだまだ大変な状況の中にいらっしゃる被災者の方々にはあらためて心からお見舞い申し上げます。

Read More

秋が深まっていく

 

台風19号の被害は想像以上に甚大ですね。被災された方たちには心からお見舞いを申し上げます。これは遠いどこかの災害ではなく、本当に身近なこと。田園調布でも浸水被害がありました。たち花のエリアは高台にあるのでたまたま何事もなく済みましたが、たまたま、なのだと感じます。共感をもって、できる支援から実行していきたいと思いました。

 

Read More

夏のたち花

 

東京は蒸し暑くて、急にセミが鳴き始めました。7月があっという間に過ぎていきます。ふと気づいたら子どもたちは夏休み。そういえば下校の時のにぎやかさがありません。近所の小学校は、プール通いの子どもたちがちらほら。たち花は、夏の間は常設展示をしております。日々の暮らしに遊び心をお届けする現代陶芸作品、うつわからオブジェまでご紹介しています。

Read More

今月は西川聡展~日々のたち花

 

今週はお天気がよくなさそうだなぁと予報を見ながら思っていたら、今朝は少しずつ青空が見え始め、お昼には夏空のように青い空に白い雲がモクモクでした。次の個展は西川聡さん。それまでの間は常設展示です。お客様によく言われるのは、お店がゆったりした空間なので落ち着く、ということ。常設は様々な作家のうつわが並びます。ゆっくりくつろいでご覧いただけたら幸いです。

Read More

展覧会あれこれ~たち花の作家たち

 

今週は空模様が安定しませんが、ところどころで秋の素敵な空が見えます。そしてなによりひんやりした爽やかな空気がこの季節ならでは。夏の暑さで疲れた身体は、寒い季節に備えて少しずつ閉じていく時期だそうです。お風邪など召しませぬように。さて、たち花は常設のショップ展示で秋らしいギャラリーです。たち花の作家たちから個展のお知らせが来ているのでご紹介しますね。

Read More

本日のたち花

 

今日は朝からザンザン降りの東京でした。大阪の地震、皆様や皆様の周りの方たちは大丈夫だったでしょうか。心身ご無事をお祈りしております。日々、さまざまなことが起きては消えていきます。思いもよらぬこと、予想していたこと・・・何がやって来ても、ある意味、なるようにしかならないわけですが、必要以上に深刻にならない心身の健やかさとゆとりを持っていたいものだと、あらためて思いました。

Read More