夏至の前のたち花めぐり。

 

今日も東京は朝から曇り空でした。今も曇り。今日は夏至ですね。ギャラリーを閉めて帰る頃、空がまだ明るくて夕暮れ独特の空気が心地よかったけれど、もう一年は半分過ぎて、これから日が短くなっていくのですね。夏に向かってどんどん進む~。下和弘さんの個展の準備をしながら、広告原稿を準備している陶芸雑誌はもう秋号です。カレンダーよりも空を見ながら、ゆっくり季節の移り変わりを感じることにしよう。

Read More

おかし、いろいろうつわ~最終日。

今日は夏のような日差しと暑さです。少しだけ風がさわやかなのが救い~。「お茶を楽しむうつわ展」は最終日。会期中、バックヤードでは、うつわにいろいろのせて写真を撮りました。のせてみると意外なものがおいしそうに見える陶芸や作り手の魅力を伝えたい。量産品と何がちがうの?と言われると、数値や論理でお答えできないかもしれませんが、のせてみたり入れてみたりしながら「どう感じますか?」で、丁寧にお応えしようと思います。

Read More

下和弘さんの、お茶を楽しむうつわ2

今日から日本橋三越では、若林和恵さんが参加している「彩女会作陶展」が始まっています。私もこれからちょっと覗きに行ってきます。日本橋三越というと、とにかく来場者数が違いますよね。何かのついでに立ち寄るのもやはり都心は便利。田園調布は、こう見えて渋谷から急行で10分程度です。一つの目的で来たけれど、何か他にオモシロいものないかな~?という時は、スタッフにお尋ねくださいね。いろいろナビゲーションいたします。

Read More

下和 弘さんの、お茶を楽しむうつわ。

 

お茶を楽しむうつわ展、後半に入りました。お天気が良くて爽やかなので、お客様をお迎えする私たちもホッとしています。この会期中にも、若林和恵さんや下和弘さんのグループ展が都内で開かれていてます。そちらも併せてお出かけいただければと思います。個展とは違って、いろいろ賑やかに作品が並ぶグループ展も楽しいものです。

Read More

大隈美佳さんの、お茶を楽しむうつわ。

 

今日も蒸し暑い東京です。お昼前から晴れて青空も見えています。いつも空気が穏やかな田園調布ですが、週末はそこにふんわりと温かさが加わって、週末用の買い物をしたり、ランチをゆっくり楽しんだり、暮らしを丁寧に味わう風景が見られます。今日のたち花は、田園お茶会。今日もお湯をいれて待つ3分間を慌てずに。

Read More

若林和恵さんの、お茶を楽しむうつわ。

 

朝のギャラリーでは、おはようの挨拶のあと、暑い暑い~~を連発していました。東京は、夏のような空です。お茶を楽しむうつわ展は、通常の個展よりも長く2週間にわたって展示をしていますので、ほどよいお天気のよい日に、ぜひお出かけください。ギャラリーでは、たち花の作家たちのうつわでお茶をご用意しています。おやつもあります~

Read More

中里浩子さんの、お茶を楽しむうつわ。

 

昨日からはじまりました「お茶を楽しむうつわ展」。3人の作家を中心に、これまでたち花でご紹介して来た陶芸家たちのうつわを展示しています。お茶の時間を楽しむというお題に沿ったうつわをセレクト。初日の昨日は、中里浩子さんがギャラリーに来て下さいました。中里さんのうつわを初めて見るお客様と、楽しくおしゃべりに花が咲きました。作り手とお客さまと繋がる瞬間は、とても素敵。

Read More

準備完了!お茶を楽しむうつわ展

 

東京はまるで夏のような気温と陽射しです。空気はカラッとしていて、今が一番気持ち良い季節ですね~今日のたち花は、明日からの「お茶を楽しむうつわ展」の展示。個展ではないので、のんびり準備をしました。田園調布は、渋谷からも横浜からも電車で15~20分です。イメージよりも近いでしょう?たち花は駅から歩いて2分くらいです、ぜひ遊びにいらしてくださいね!

Read More

DM は、こんな具合にできました。

今日の東京は朝から風が強く雨降りで寒い一日でした。ギャラリーのバックヤードは、おもわず暖房を入れてしまったくらい。このところの気温差は心身にあまりよくないです~お手やわらかに。来週からの展覧会「お茶を楽しむうつわ展」は、作家たちの個展とは違い、テーマを決めてうつわを集めて遊ぶカジュアルな会です。暮らしの中でうつわとどんな風に付き合うか、アイディアはお客様からのお声も聴きながらの展覧会。

Read More