飾る~中里浩子のうつわ

先日、グリーン一色のアジサイの花を頂きました。本当にグリーン。葉っぱと同じグリーン!びっくりしました。花屋さんで見たことがあるのは、ちょっと枯れた感じのアンティークな色調のアジサイ。薄い紫とかピンクとか、淡い色です。葉と同じグリーンのアジサイは、どんな土地で育ったのでしょうね。

Read More

飾る~中里浩子の水差し

東京は、梅雨入りしたようですが、今日も陽射しが強いです。花屋さんには、鉢や切り花で紫陽花が並んでいます。住宅街を散歩するとお庭や街路脇のアジサイもきれい。お日さまの下のアジサイも良いけれど、雨上がりや湿気を含んだ柔らかい光で見る紫陽花は、より美しく見えるような気がします。

Read More

水玉模様~中里浩子のカップ

昨日に続いて今日ご紹介する中里浩子さんのカップは、水玉模様といってよいかどうか(笑)とりあえず、このカップのすべすべした白さと、ぷちっと空いた穴から見える釉薬の艶っとした色が、なんともいえないのんきな感じです。生きものの気配を感じるのは私だけでしょうか(笑)。持ち手が大きく、飲みやすそう。

Read More

檸檬色~中里浩子のお皿

いよいよ桜の季節です。日本中、桜が街のあちこちにあって、日常生活の中でお花見ができますね。桜の種類も色もバラエティに富んでいます。陽光など濃いピンクも大島桜の白い花も素敵。今日のうつわは、中里浩子さんのレモン色のお皿。個人的に日常使っています。使いやすく、レモンイエローがそこにあるだけで気持ちが明るく爽やかになります。

Read More

春の花~中里浩子のうつわ2

昨日の立春は旧暦新年のはじまり。これからのご自身のために、何か心の中で決めたことがおありでしょうか。決意はいつしても何度しても良いと思うので、忘れたら思い出してゆっくりいこうと私は思います。私が決めたことは「急いでも焦らない」です。慌て者なので。たち花だよりも慌てない焦らないテンポで・・・

 

Read More

春のひかり~中里浩子のうつわ

立春の日の今日は、中里浩子さんのうつわをご紹介します。中里さんのうつわは、釉薬の使い方がとても素敵です。光の強弱や当てる角度によって、微妙な色合いを見ることができたり、深さを感じたりします。うつわを眺めて飽きない表情がある一方で、日々の暮らしの中で、おかずをのせても、お菓子をのせても、スープをいれても、サラダを入れてもしっくり。

Read More

本年もよろしくお願い申し上げます

新年あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

お正月は皆さまいかがお過ごしでしたでしょうか。元旦は美しい青空でしたね。たち花のスタッフもそれぞれに穏やかに新年を迎えることができました。ギャラリーは昨日から通常通り営業、早速、氏神様の浅間神社に初詣してきました。

Read More

ふたり展~雨のふたり展

 

今日は梅雨らしい雨降る金曜日です。ふたり展もいよいよ明日までとなりました。今日は作家お二人は、お休みです。雨の中ご来店くださるお客様たち、じっくり作品をご覧になっています。「とても穏やかな気持ちになるだけでなく、しっかりと強さがあってすばらしいです」と感想を下さいました。柔らかでしなやかで力強い、お二人の世界です。

Read More

ふたり展~色のうつくしさ。

今朝は梅雨らしい白い空。アジサイの花が美しい季節です。紫陽花には、さまざまな種類と色がありますが、こんな曇り空の日は美しい色が明るい気分にしてくれます。菅原さんが今回出展している水彩・テンペラ作品の色調は、優しくみずみずしい。そして、中里さんの作品の柔らかくデリケートな色は、自然光の中でさまざまな表情を見せてくれます。

Read More