使って飾って~若林和恵のうつわ

4月も半ばを過ぎて、新緑はますますエネルギッシュ。先を急ぐように季節が変わって行きます。日々の気温の寒暖差にはご注意くださいね。コロナ感染者が増え続けて先の不安は尽きませんが、毎日を丁寧に過ごすことで、余計な心配をせずに静かな気持ちでいられるような気がしています。

Read More

水の上の光をそこに~若林和恵のうつわ

春の気温は本当に気まぐれで困ってしまいます。ヒンヤリした空気は光をクリアにしてくれるよう。太陽の光は初夏へと早足で進んでいます。毎朝の散歩道には川があって、太陽の光に水面がきらきら本当にきれい。今日の若林和恵さんのうつわは、この光の一瞬のゆらめき。

Read More

想いを馳せる~川崎毅オブジェ

今日はひんやり曇り空の東京です。最近、都内でも街によって天気が違って局所的になっているようです。先日、田園調布で夕方ふと水の匂いがしました。大田区は海に近いせい?と思いましたが、スタッフに「多摩川でしょ」と笑われました。そういえば以前、夏の夕暮れの銀座では海の匂いがしていましたね。

Read More

自然のかたち~小池頌子

新緑が美しくなっています。毎朝通る田園調布の銀杏並木があっという間に緑になってきました。今年は春の花が次々咲くので、ロータリーの薔薇がきっといつもより早く駅前を彩るのではないかしら。コロナ感染予防をしながら、春の空気を楽しむお散歩には、田園調布の町はとても気持ち良いと思います。

Read More

明るい浅鉢~下和弘

今日は空が白くてお天気が悪いのですが、新緑の鮮やかなグリーンが爽やかです。今年はの植物が前倒しのように早め早めに咲いているような気がしますが、皆様の周りではいかがでしょうか。田園調布は、桜が終わりそうな時にはハナミズキがちらほらと咲き始めていました。もっこう薔薇やツツジも続いています。

Read More

ボンボニエール~ 下 和弘

桜満開の田園調布です。今日は、西からやってきた黄砂が飛んでいるみたいですね。もわっと白い空でも桜は美しいけれど、花粉やら黄砂では、散歩もためらわれます。今日はモヤモヤをスキっとしてくれそうな下和弘さんのボンボニエールをご紹介します。ボンボニエールとは、ボンボンを入れるお菓子のうつわ。

Read More

雰囲気のある武田武人のうつわ

暖かくなって、あちこち桜満開。今朝の田園調布の桜は9分咲きでしたが、午後の陽射しの中で満開になっているかな。日本は桜の国ですね。2月頃に早くも咲く桜は、伊豆の河津桜。濃いピンクの花は、まだ肌寒い時期にいち早く春の陽射しを思い出させてくれます。今日ご紹介する武田武人さんは、南伊豆で作陶する陶芸家です。

Read More

水玉模様~中里浩子のカップ

昨日に続いて今日ご紹介する中里浩子さんのカップは、水玉模様といってよいかどうか(笑)とりあえず、このカップのすべすべした白さと、ぷちっと空いた穴から見える釉薬の艶っとした色が、なんともいえないのんきな感じです。生きものの気配を感じるのは私だけでしょうか(笑)。持ち手が大きく、飲みやすそう。

Read More

檸檬色~中里浩子のお皿

いよいよ桜の季節です。日本中、桜が街のあちこちにあって、日常生活の中でお花見ができますね。桜の種類も色もバラエティに富んでいます。陽光など濃いピンクも大島桜の白い花も素敵。今日のうつわは、中里浩子さんのレモン色のお皿。個人的に日常使っています。使いやすく、レモンイエローがそこにあるだけで気持ちが明るく爽やかになります。

Read More

若草の奥田武彦

すっかり暖かくなりました。東京は風が強くて、朝晩はまだまだ寒いくらいですが、この数日お昼間の気温は5月くらいの温かさです。桜の開花宣言が出ましたが、田園調布の桜はまだまだきゅっとしています。今日のうつわは、この季節の色、若草色の鉢、奥田武彦さんの作品です。こんな花の色はないけれど、ふんわり開いた花びらのようなかたち。

Read More