滝口和男展~祝う気持ちで

A

DM用1

2020年1月17日(金)~25日(土)

11時から19時(最終日17時まで) 

会期中無休

 

 

 

滝口和男

 

1953年 京都市五条坂生まれ

1978年 京都市立芸術大学美術学部中退

1985年 日本陶芸展 外務大臣賞受賞

日本新工芸展 日本新工芸賞受賞

1986年 京都府香華美術作家協会展 京都府知事賞受賞

1989年 日本陶芸展 大賞・秩父宮賜杯受賞

1990年 MOA岡田茂吉賞 工芸部門優秀賞受賞

1991年 五島記念東急文化賞美術新人賞受賞

日本陶磁協会賞受賞

1992年 ロイヤルカレッジオブアート(イギリス)修了

1996年 京都府文化賞奨励賞受賞

2003年 「現代陶芸の華」出品(茨城県陶芸美術館)

2013年 京都府文化賞功労賞受賞

 

主な展覧会

和光(銀座) 寛土里(赤坂) たち花(田園調布)

他 多数

 

 

川崎 毅 展ー陽の当る壁ー

 

川崎毅2019-1

 

2019年11月8日(金)~16日(土)  

11時から19時(最終日17時まで) 

会期中無休

 

 

 

川崎 毅

 

1942年 宮崎県生まれ

1997年 東京藝術大学大学院陶芸専攻修了

1969年 多摩市に築窯

 

主な展覧会

和光(銀座) 大阪市立東洋陶磁美術館(大阪)

寛土里(赤坂) 三春堂(目白) ギャルリプチボワ(大阪)

たち花(田園調布) silver shell(大磯) ギャラリー蒼(仙台)

ギャラリー田中(銀座)gallery Ueda(銀座) 香希画廊(富山)

他 多数

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年11月8日(金)~16日(土)  

11時から19時(最終日17時まで) 

会期中無休

 

 

 

川崎 毅

 

1942年 宮崎県生まれ

1997年 東京藝術大学大学院陶芸専攻修了

1969年 多摩市に築窯

 

主な展覧会

和光(銀座) 大阪市立東洋陶磁美術館(大阪)

寛土里(赤坂) 三春堂(目白) ギャルリプチボワ(大阪)

たち花(田園調布) silver shell(大磯) ギャラリー蒼(仙台)

ギャラリー田中(銀座)gallery Ueda(銀座) 香希画廊(富山)

他 多数

 

 

 

 

 

 

K a o r u 展

 

 

2019年9月20日(金)~28日(土)  

11時から19時(最終日17時まで) 

会期中無休

 

Kaoru さんは、鎬(しのぎ)、蛍手(ほたるで)、象嵌・・・と多くの技法を使いこなし、

それぞれに魅力的な作品を作る陶芸家です。

近年、タイトルに見られるようにテーマのはっきりした抽象的なかたちの花器を発表しています。

有機的で動き出しそうなカタチ、一目で kaoru さんの作品とわかる土から生まれたカタチ。

2年ぶりの今展では、kaoru さんの今の想いがカタチになって登場する予定です。

ご高覧ください。

 

K a o ru

 

1995年 東京藝術大学美術学部 陶芸科卒業

1997年 東京藝術大学美術学部修士課程修了

1998年 東京藝術大学美術学部研究生修了

 

主な展覧会

日本橋三越本店 新宿高島屋 横浜高島屋 陶芸メッセ・益子

たち花(田園調布) 桃林堂(青山) スパイラルマーケット(青山)

しろがねギャラリー ギャラリー空箱

やまに大塚 ギャラリー緑陶里

他 多数

 

 

 

西川 聡 陶展

 

 

2019年6月28日(金)~7月6日(土)

11時から19時(最終日17時まで) 

会期中無休

 

久しぶりに西川聡さんに個展をしていただきます。

西川さんとたち花のお付き合いは長いのに、個展は3度目。

独特の赤い器、渋い銀彩や黒の花器、そして大人気の茶器などなど。

最新の西川さんの陶の世界をお楽しみください。

西川さんの在廊日は、

6月28日(金) 30日(日)

の二日です。

今泉 毅・森 和之 二人展

IMG_6740菫ョ謨エメール用

 

2019年5月24日(金)~6月1日(土)

11時から19時(最終日17時まで) 

会期中無休

 

たち花ではお馴染みの今泉毅さんと、初めてお迎えする鳥取の陶芸家・森和之さんの二人展をいたします。

お二人とも40代で現在注目の作家です。

25日(土)の午後は、お二人のギャラリートークも予定しています。

詳細はブログにアップロードしますので、お楽しみに。

たち花オープン20周年記念展

2019年 3月6日(水)~16日(土) 日曜休廊

11時から18時まで

 

 

1999年3月、ここ田園調布にオープンした  器・ギャラリーたち花。

まもなく20年を迎えようとしています。

 

「作家の想いが込められた手から創り出された地球上でたったひとつの作品」を日々の暮らしの中へ。

そんな当初の願いを大切に抱きながら、陶芸家たちと二人三脚で現代陶芸の魅力をご紹介してまいりました。

 

これまでに出会ったすべてのお客様と、共に歩んだ作家たちにあらためて深く感謝し、記念の展覧会を開催させていただきます。

懐かしい作品や日常使いの遊び心あふれるうつわなど、ぜひお楽しみください。

新たに積み重ねる一歩という新鮮な気持ちで、皆様のお越しを心よりお持ち申し上げます。

 

出品

武田武人 川崎毅 小池頌子 小川待子 佐藤和彦 滝口和男

岡見周二 市川博一 クリスティーナ・マール 星賢二

奥田武彦 西川聡 大隈美佳 今泉毅 竹内紘三 若林和恵

下和弘 Kaoru 合志真由子 中里浩子 ほか

 

武田武人

武田武人 展~〇で〇〇しました 

武田武人

 

2018年11月16日(金)~24日(土) 終了しました

会期中無休 11時~19時(最終日17時まで)

 

 

南伊豆で作陶する武田武人さんとは、たち花がオープンした1999年からのお付き合い。

これまで、幾何学的なかたちや模様の作品がスタイリッシュで遊び心に満ちた武田作品でしたが、

今回は、全体のテーマを〇にしての新作展です。

 

武田武人

1944年 新潟県生まれ

1970年 東京藝術大学大学院陶芸科修了

1977年 静岡県南伊豆に築窯

 

 

若林 和恵 展

kazue dm

2018年9月14日(金)~22日(土)

会期中無休  11時から19時(最終日は17時まで)

 

 

色絵磁器の作家、若林和恵さんの個展です。

東京藝大卒業後、イタリア・ファエンツァに留学して学んだ色と光の表現。

多層的な色使いには、デリケートで柔らかな美しさがあります。

 

 

若林和恵(WAKABAYASHI Kazue)

1991年 東京藝術大学美術学部工芸科陶芸専攻卒業

1993年 同校大学院美術研究科陶芸専攻修士課程修了

浅野陽氏に師事(~1996年)

1996年 イタリア・ファエンツァ陶芸美術学校卒業

イタリアにて作陶(~2001年)

現在横浜市にて作陶 日本工芸会準会員

下和弘展~いろえひゃっけい~

DSC04599

2018年7月27日(金)~8月4日(土)

会期中無休 11:00~19:00(最終日17時まで)

 

 

DSC04591

作ることが大好きで楽しくて仕方ない、そんな情熱が伝わってくる下和弘さんの個展です

下さんは、作品イメージ、アイディアからそれに必要な技法を生み出し、斬新な作品が次つぎに生まれます。

伊賀で作陶し、関西を中心に活躍中。

悲しいときも寂しい時も、下さんのカップがあれば笑顔になれる!

 

DSC05137

 

 

 

お茶を楽しむうつわ展

91422

2018年5月15日(火)~25日(金)

会期中 11時から18時(日曜休み)

 

会期中は、おいしいお茶をご用意してお待ちしております。

*5月19日(土)午後は、いろいろなお茶を味わっていただく「田園お茶会」~

お気軽にお立ち寄りください。