大隈美佳 展

DM用2

 

大隈美佳展

2020年7月10日(金)~18日(土)

11時~18時30分(最終日は17時まで)

 

 

 

大隈 美佳(主な陶歴)

 

1964年 東京都生まれ

1993年  武蔵野美術大学工芸工業デザイン学科大学院修了

 

個展・グループ展

Gallery RUEVENT(東京) 松屋銀座(東京)

器・ギャラリーたち花(東京) bonton(神戸)

PARTY(東京) SHiZEN(東京)

Gallery 剣鏤(東京)工藝風向(福岡) など多数

 

日本クラフト展入選

日本クラフト展優秀賞

ふたり展~雨のふたり展

 

今日は梅雨らしい雨降る金曜日です。ふたり展もいよいよ明日までとなりました。今日は作家お二人は、お休みです。雨の中ご来店くださるお客様たち、じっくり作品をご覧になっています。「とても穏やかな気持ちになるだけでなく、しっかりと強さがあってすばらしいです」と感想を下さいました。柔らかでしなやかで力強い、お二人の世界です。

Read More

ふたり展~色のうつくしさ。

 

今朝は梅雨らしい白い空。アジサイの花が美しい季節です。紫陽花には、さまざまな種類と色がありますが、こんな曇り空の日は美しい色が明るい気分にしてくれます。菅原さんが今回出展している水彩・テンペラ作品の色調は、優しくみずみずしい。そして、中里さんの作品の柔らかくデリケートな色は、自然光の中でさまざまな表情を見せてくれます。

Read More

ふたり展~菅原智子さんの作品

 

今日の東京は、カラッと晴れて吹く風が爽やかです。暑さがあっても湿度が低いとこんなに気持ち良いのだなぁと改めて感じています。本日、たち花は作家のおふたりがお休みなので、スタッフはバックヤードで静かに仕事をしております。さて今日、作品をご紹介する菅原智子さんは、長くイタリアのフィレンツェで学び、暮らしていました。

Read More

ふたり展~中里浩子さんの花器

 

梅雨入りした今週の東京は、青空で暑い日が続いています。今日は、ふたり展の3日目。午前中からおふたりの作家が在廊されています。お客様もゆったりと流れるように。「三密にならないたち花の広い空間!(笑)」と言っていだけて、安心して作品を見て、作家たちとお話していただけるのは、嬉しい限り。

Read More

ふたり展~はじまりました

雨がしとしと降ってきました。中里浩子(陶)さんと菅原智子さん(平面ん)のふたり展が始まりました。梅雨入りした東京は、雨の空。朝から作家おふたりはスタンパイ。お客さまが流れるように次々にいらっしゃいます。みなさんマスクをして、コロナ対策は万全です。作家おふたりの作品は、梅雨空にもよく合うみたいです。ちょっとしっとり、デリケートな色のハーモニー。

Read More

まもなく始まります~ふたり展

梅雨入りした東京は蒸し暑いです。さて、昨日、今日は、展覧会の展示。日曜日から始まる「中里浩子(陶)+菅原智子(平面)ふたり展」の準備。たち花では何度か展覧会をご一緒しているおふたりです。中里浩子さんは、オブジェを中心に陶作品を発表されていますが、今回はマグカップやお皿、大小の花器なども。菅原智子さんには、水彩を中心に小さなサイズの作品を発表していただきます。

Read More

中里浩子さんの陶

たち花はビルの2階。階段部分がガラス張りなので日当たり抜群。夏には、干上がりそうなくらい日当たり良好。なので、階段付近に置く植物たちも、暑さに強いものを選んでいます。昨春、たち花オープン20周年展の時、お祝いにいただいた蘭の鉢植えを育てていたら、なんと!今年も花が咲き始めました。冬の間はじっとしていて春先から小さな芽を出し、とうとう開花。植物の生命力はすごいですね。

Read More

日々のくらし~たち花から

すっかり夏の空かと思ったら、真っ白な梅雨空のような日が来たり。このところ気温差や湿気で、だるい~という声が周囲から聞こえてきます。みなさまは、いかがお過ごしでしょうか。東京はだいぶ日常が戻っています。・・・新しい日常、新しい生活様式、ニューノーマル、は、あまり素敵に響きませんが、誰が決めたのでもない私たちの日常をゆたかにしていきたいですね。

Read More