若林和恵 色絵磁器

若林和恵さんのお皿

 

このところ外を歩いていると、ふと、キンモクセイの香りがします。秋の香りです。明日から10月ですね。

田園調布の町のシンボルは、古い時代の駅舎の建物とロータリー。ロータリーから放射線状に伸びる路は銀杏並木。

Read More
岡見周二 焼き締め

岡見周二展~最終日   

 

岡見さんの個展、今日は最終日です。会期中の東京は、あまりお天気が良くなくて雨も気まぐれに降りました。秋らしいといえば秋らしい空模様でした。連休は初日、個展は最終日。街もどことなくのんびりしている感じがします。

Read More

岡見周二展~花生

岡見さんの今回の個展は、小さな花生をぜひ皆さんに見ていただきたいのです。

部屋の中にお花があるとないとは大違い。

自然のものが息をしている空間は、実は人間にとってもとても楽ちんです。

Read More
岡見周二 角皿

岡見周二展~器

岡見周二さんの器は、渋い。

渋いけれど、重苦しくないところが岡見さんです。

焼き締めの器はどんなものもご馳走に見せてくれます。

そして、意外なほど和洋中、なんでも受け入れてくると思います。

Read More
岡見周二 焼き締め

岡見周二さんの個展 日曜日

岡見さんは今日までギャラリーにいらしています。

ブログの更新が遅れてしまった!岡見さんのお話が面白いせい?…じゃなくて、ただ私が書くのが遅かっただけなんですが、週末は岡見さんとたっぷりお話しました。今日はランチをご一緒して、帰りにお花を買ってきました。秋の、われもこう、秋明菊、ホトトギスに女郎花。

Read More

はじまりました~岡見周二個展

岡見周二さんの個展、本日から17日(土)まで。(11時から19時 会期中無休で最終日は17時まです)

岡見さんの作品は、穴窯と言われる単室の窯で焼かれている日本古来の方法。

釉薬をかけたりしません。色はすべて灰。 釉薬の原型は灰ってことですね。

Read More