20年記念のパーティー

 

東京はおだやかなお天気の良い土曜日です。昨日のたち花は、20周年記念~陶とオブジェ展のパーティーをいたしました。ギャラリーにはお祝いのお花が届き、とても華やかになりました。個展とはちがって、大勢の作家の作品を一堂に展示して賑やか。こんな風に陶芸家たちの作品を見渡せることはあまりないので、皆様にぜひ見て感じていただきたいと切に感じています。

 

昨日のパーティーは、たち花がこれまで出会ったお客様や、

二人三脚で20年過ごしてきた陶芸家たちに、

感謝の気持ちと、これからもゆっくりお付き合いくださいという気持ちで計画しました。

 

久しぶりに来てくださったお客様たちからは「この人のオブジェはクリスマスの時に飾っていますよ」

「この人のプレートは赤とグレーを持っています」「これ、たち花さんで買ったのよね思い出しますよ」

などなど、ギャラリーの中をめぐりながらいろいろなお声を聴かせていただきました。

 

パーティーにはお客様はもちろん、たち花がスタートした頃からお付き合いしている大ベテランの陶芸家の方たちが来て下さり、オーナーを囲んでひとときにぎやかに過ごすことができました。

 

20周年パーティー

板橋廣美さんの白いうつわ。

なつかしい板橋さんにお会いできて光栄でした。

 

20周年パーティー

佐藤和彦作  34,8×13,8×33,4(高)cm  324,000円(税込)

(手前) 小さなネジのオブジェ 5,0×1,5×7,0(高)cm  10,800円(税込)

 

佐藤和彦さんは、前ディレクターの時代に個展をしていただきました。

その時の個展で佐藤さんがギター演奏を披露してくださったのを思い出して、お誘いの電話の時にお願いしたら、

昨日、本当にギターを背負って登場。入口に立った佐藤さんのその姿を見て、私は内心、とっても感激しました。

おいそがしい中、本当に来てくださって、憶えていてくださって、弾いてくださるんだ!!・・・って。

そしてもちろん、今回も演奏してくださったんですよ~

 

20周年パーティー

川崎毅さんの街のオブジェ。川崎さんは、今年の11月にまた個展をしていただきます。

 

20周年パーティー

小池頌子さんの花入れ

左)9,0×9,0x15,0(高)cm  54,000円(税込)

中央)10,0×10,0x17,0(高)cm  59,400円(税込)

右)10,0×10,0x18,0(高)cm  64,800円(税込)

 

小池頌子さんは、パーティーで乾杯の音頭を取ってくださいました。

突然お願いしたにもかかわらず快く引き受けてくださって、

たち花の空間が作家にとってどんなにすてきか~とお話くださって、

オーナーもとても嬉しそうでした。

そんな光景を横で見ながら、本当に「作家と二人三脚の20年!」と感じました。

 

20周年パーティー

クリスティーナ・マールさんのプレート  売却済

 

マールさんは京都在住のポルトガル人。

それなのにそれなのに、パーティーに来てくれました!

私は前回の個展の時、打ち合わせで京都のアトリエに伺ってたくさんお話をして、

彼女の作家として、女性として、人間としての魅力に触れて大ファンになりました。

京都から来てくれるとは思ってもみなかった嬉しいサプライズでした。

 

つづく・・・

 

20周年パーティー