青い器 ~6月のたち花

5月がもうすぐ終わろうとしていますね。今日の東京、朝はざんざん降りでしたが、お昼には曇って傘がいらなくなりました。このままあっという間に梅雨入り、なんてことになりそう。一年のうち、さわやかな新緑と気持ちよい風が吹くのは、ほんの少しの時間。サラサラとした空気をいっぱい吸い込んで、みずみずしい自然を今のうちにたっぷり楽しみましょう。

denen4

 

6月、たち花は月末に川崎毅さんのうつわの展覧会をいたします。

川崎さんの白磁のうつわは、夏の食卓にぴったり。

川崎さんのオブジェ作品やうつわをギャラリーに並べると、

いつも映画のワンシーンや物語を感じます。

日常なのに非日常に繋がれる、そんな川崎さんの作品です。

ただいまDM制作中。

 

さて、その前に、たち花のスペースに「青い器」を集めてごらんいただこうと思っています。

展覧会ではなく、「青」をテーマにうつわを展示してご紹介します。

 

okuma2

 

たとえば、大隈美佳さんの青いうつわのシリーズを。

 

青、とひとことで言っても、さまざまな青がありますね。

そして、意外に青はどんなごちそうでも受け止めてくれて、おいしく見せてくれます。

 

蒸し暑い季節には、少しの涼感を感じていただけるかもしれません。

 

denen5