鈴木順翔さんの、お茶を楽しむうつわ。

 

今日の東京は、少し湿度が高くムシムシしています。空は薄曇りで白いけど、緑がぐんぐんパワーアップして目に鮮やかです。

今日は京都の陶芸家、鈴木順翔さんのうつわをご紹介しますね。鈴木さんは、ごく最近出会って作品を拝見したばかりの陶芸家です。

 

 

 

 

suzuki2

左)金彩円象髙杯 径16,5cm 高11,0cm 19,440円(税込)

中)カップ&ソーサー

C/ 径8,0cm  高7,5cm  S/ 径12,0cm 高2,5cm 6,480円(税込)

右)金彩円象急須(小) 径5,0cm 高7,0cm 12,960円(税込)

円象器 26,5×21,5x高2,0cm 37,800円(税込)

 

 

suzuki3

カップ&ソーサー

C/ 径8,0cm  高7,5cm  S/ 径12,0cm 高2,5cm 6,480円(税込)

 

色とりどりの円が浮かぶカップとソーサー。

 

suzuki5

大きさはちょうどよいし、手に持ちやすく、薄さもほどよい。

 

suzuki6

京都の作家さんらしい細やかさ。

 

suzuki7

金彩円象急須(大) 径9,5cm 高7,5cm 21.600円(税込)

黒と色の対比とバランスの良さが、スッキリしてシャープな印象を与えます。

 

 

鈴木さんのうつわは、手に持った時の重みがちょうどよい。

重すぎず、頼りないほど軽くもない。

 

お急須は、見た目の印象より軽くて、お湯が入った時の重さを想像してみても、

安心して使えると思います。

 

 

毎日使うものは、置かれた時の姿かたちもポイントですが、重さや手に馴染むかどうかなど、

どちらかというと理屈じゃない感覚的なところでフィットすることが大切だと感じます。

 

オブジェも作られるという鈴木さんのうつわ。

「お友だちのお家に行って、こんなうつわでお茶が出てきたら、ほめちゃうわ」

というご感想もいただきました。

 

お電話でのご購入も承ります!

 

お問合せは、こちらからどうぞ

phone: 03-5483-8286