若林和恵 展~みなものいろII~ 9/21(金)

 

今朝は、ビックリする涼しさでした。東京は10月中旬の気温とか。若林和恵さんの個展は、明日が最終日となりました。明日の大田区田園調布のお天気は、26℃くらいで曇りの予報。お出かけには楽そうな空模様です。若林さんの作品の美しさ、ぜひ実際にご覧いただきたいと思います。デリケートな色の重なり具合などは、なかなか写真ではお伝えしきれませんから。

 

たち花の空間は、内田繁さんのデザインです。

 

若林和恵個展 色絵磁器 器・ギャラリーたち花

入口。

 

若林和恵個展 色絵磁器 器・ギャラリーたち花

ひろびろ。ショップ側。

 

若林和恵個展 色絵磁器 器・ギャラリーたち花

ギャラリー側。

 

若林和恵個展 色絵磁器 器・ギャラリーたち花

 

若林和恵個展 色絵磁器 器・ギャラリーたち花

ギャラリー側からショップ側へ。

間にはスモーキーなガラスの壁。

 

若林和恵個展 色絵磁器 器・ギャラリーたち花

壁にかかっているのは、菅原智子さんの平面作品。

菅原さんは、若林さんとたち花のキューピットでもあります。

最初は、2015年にこのお二人で展覧会をしていただきました。

 

若林和恵個展 色絵磁器 器・ギャラリーたち花

入口を臨む。

 

広々とした空間は、ゆっくり作品をご覧いただけると同時に、

ちょっとほっと一息いれていただけるく落ち着いた雰囲気で、

おしゃべりもはずみます。

 

どんな人物が作った作品なのか?・・は、

うつわそのものと同時にみなさん興味をもたれるところだと思います。

作った人と会って、作る思いを直接聞くことができる個展は、

皆さんに声を大にして「来てくださいね~」と言いたくなる素敵な時間です。

 

たち花は、作家と作品のご紹介という、ひとと作品をつなぐ役目と同時に、

ひととひとを繋いだり、再会したり、集まったりするギャラリーになれるように、

スタッフ一同、こころがけております。

 

さて、明日は最終日!

ぜひお出かけくださいね~

若林和恵個展 色絵磁器 器・ギャラリーたち花

 

2018年9月14日(金)~22日(土)

会期中無休 11時~19時(最終日は17時まで)

 

*会期中は作家が在廊いたします