若林和恵展 ~最終日です

今日は若林和恵さんの個展、最終日です。 土曜の朝だからコーヒーをいれて若林さんのお湯呑で味わいました。

小ぶりのお湯吞みは、いろいろに使えます。お茶、紅茶、コーヒーそして、ちょこっとデザートにも。ふっくらしたこの形は若林さんのならではの柔らかさ。若林和恵 湯呑

若林さんはイタリアでも陶芸の勉強をしていらっしゃったので、

発想の中に日本以外のライフスタイルがあるように感じます。

このサイズならば、濃いコーヒーにぴったり。

 

さて、展覧会は今日が最終日。

今日は初めてふらりと来て下さる方が多いです。

 

kazuen61

 

kazuen62

花器 径12,5cm  高19,0cm  41,040円(税込み)

 

 

kazuen60

 

kazuen59

平鉢 径37,0cm  高8,5cm  97,200円(税込)

 

kazuen58

花器  径30,0cm 高30,0cm  162,000円(税込)

 

若林さんのうつわは、日本的でオーセンティック、でもどこかモダンで大陸的。

そのミックスした印象が幅広い人気のひみつかもしれません。

 

囚われがないということは、とても楽。

この器はこう使わなくちゃ、というルールを作らずに自由に使ってくださいね。

若林さんは最終日最後までギャラリーにいらっしゃいます。

17時まで。

慌てていらしてもダイジョウブです、たち花は田園調布駅から徒歩で、1分!

お待ちしております。

 

 

kazuen63

個人的なお気に入りのお皿。