若林和恵さんのうつわ~個展に向けて④

 

今日の東京は空模様がくるくる変化して、虹も見えたけれど、だんだんと雲行きが怪しくなってきました。蒸し暑いのもあと少しのガマンでしょうか。今週は若林和恵さんの個展が始まります。ぼちぼち作品リストが届いて、私たちは準備中。若林さんの作品は、日常に使う器も魅力的で嬉しいのですが、花器やふたもの、鉢など、気品があって存在感のある大きな作品は見ごたえがあります。

 

大きな作品は、個展の時にたっぷりご紹介します。

今日は、角平皿。

 

若林和恵 色絵磁器角平皿

色絵磁器角平皿 10,5×10,5×1,0cm  参考作品

 

若林和恵 色絵磁器角平皿

たまたまお土産にいただいた小さなお菓子がこのお皿ににシンクロ!

中は、ブルーベリー味のあんこ玉です。

 

若林和恵 色絵磁器角平皿

横から見たところ。

微妙な立ち上がりがあって、すっと手が入るのでお皿を手に取りやすい。

 

若林和恵 色絵磁器角平皿

裏側。

若林さんの色遣いは、水彩画のようです。

絵のように見えますね~裏も美しい。

 

・・・いろいろ準備しながら、ポストに郵便物を取りに入ったら、

たち花で個展をしてくださった現代陶芸の小池頌子さんからお便りが届きました。

小池さんは、ニューヨークで9月11日から個展ですって。

 

IMG_9610

 

お便りは、たち花と、もちろん東京藝大の後輩になる若林さん宛て。

若手の陶芸家たちを暖かく見守りながら、激励、応援される小池さん。

陶芸家の皆さんが口をそろえて、素敵な方ですよね~~~とおっしゃいます。

(私は陶芸家ではありませんが、私にとっても小池さんは憧れの女性です。)

きっと若林さんも小池さんのように、これからどんどん活躍されることでしょう。

 

たち花でご紹介している陶芸家たちが活躍することは、お仕事をしていて一番うれしいこと。

我がこととして大喜び~♪

作る人たちの歓びと大変さを丁寧に見ながら、さぁ、若林さんの個展、個展!

 

若林さんは、展覧会の会期中、在廊しますので、皆さま、ぜひお出かけください。

若林和恵 色絵磁器角平皿

 

若林 和恵 展 ~ みなものいろ II ~

2018年9月14日(金)~22日(土)

会期中無休 11時~19時(最終日は17時まで)

 

*初日夕刻より、作家を囲んでささやかなオープニングパーティーをいたします。

ぜひお気軽におでかけください。

*会期中は作家が在廊いたします。