若林和恵さんの、お茶を楽しむうつわ。

 

朝のギャラリーでは、おはようの挨拶のあと、暑い暑い~~を連発していました。東京は、夏のような空です。お茶を楽しむうつわ展は、通常の個展よりも長く2週間にわたって展示をしていますので、ほどよいお天気のよい日に、ぜひお出かけください。ギャラリーでは、たち花の作家たちのうつわでお茶をご用意しています。おやつもあります~

 

さて、本日は若林和恵さんのうつわをご紹介します。

若林さんは、たち花で個展をしていただいている陶芸家です。

このたち花だよりでもたびたびご紹介している、おなじみの作家です。

 

kazue7

鉢 径12,0cm 高7,0cm  各8,640円(税込)

 

細かく溝が彫られていて、色がいろいろグラデーションになっています。

 

kazue8

ピンク系の淡いデリケートな色は、シンプルな単色に最後にブルーをかけているから。

 

kazue9

 

kazue10

パープル系

 

kazue11

内側の色の表情もおもしろい。

 

kazue12

鮮やかにレインボーカラー。

 

kazue13

こちらは、内側に紺。

 

kazue1

湯呑 径8,5cm 高9,0cm 7,560円(税込)

 

kazue2

内側はパープル。手になじむカタチでおいしいお茶が飲めそうです。

 

kazue3

平鉢 15,5cm 高3,0cm 10,800円(税込)

 

kazue4

 

kazue5

裏側はこんな表情。

 

平鉢は、お菓子をいれてもよいし、おつまみを3種くらいのせてもきれいです。

 

若林和恵さんは、来週23日から日本橋三越本館6階でグループ展です。

そちらへもぜひお出かけくださいね。

 

 

kazue6