秋の風景

 

 

予定より早く、武田武人さんの個展DMが届きました。ゆとりをもってものごとが進められるのっていいですね~私は昔から、宿題はぎりぎりまでやらないタイプなので、たち花ではしっかり者のスタッフから「段取り、段取り!」とはっぱをかけられることしばしば。ゆとりがあるって、すばらしい。大人なのに、はっぱをかけて貰えるって素晴らしい。センキュー。

 

たち花のスペースは、インテリアデザイナーの内田繁さんのデザインで、

シンプルでスタイリッシュ。

IMG_0362

空間がとても気持ち良く、作品を支える土台として申し分ない。

そして、ここにいることも心地よいです。

IMG_0363

そして、この広さの割にスタッフは少ないのですが、

ひとりひとりが個性的で、役割分担のバランスが絶妙です。

常勤の私としては、それは大変ありがたく幸運なことだと感じます。

 

そして、時々少し遠くからも優しい応援が届きます。

IMG_0323

秋になると届く、大きな菊の鉢。

お花はあるだけで元気になるし、和みますよね。

IMG_0324

菊の花は、いい香り。

知らぬ間に白いセーターに黄色い花粉がついていたけど、気にしない気にしない。

植物たちもお客様をお迎えする空間を、活き活きさせてくれます。

 

IMG_0334

そしてね~、この田園調布という町は、やはり美しく心配りがなされているのですね。

 

IMG_0335

駅前のロータリーには池があって、魚がいます。

時々お水を抜いて掃除をしています。

IMG_0347

池の周りには、薔薇の花。今は秋の薔薇が咲いています。

IMG_0332

いろいろな種類の薔薇があります。

このロータリーの真ん中はこじんまりしているけれど、

池があってベンチがあって、天気の良い日はお昼休みにお弁当を食べる人や、

子供たちの帰りを待つインターナショナルなお母さんたち、

そして、おしゃべりをする老婦人たちの横では、

休憩中の工事のおじさんがぼんやりみんなを眺めていたりします。

思い思いに外の気持ち良い空気を楽しんでいます。

 

IMG_0355

そろそろ秋の夕暮れです。

 

そんな町で、たち花はもう20年近く陶芸作品をご紹介しています。

場所がビルの2階なので、入口が少しわかりにくいかもしれませんが、

どうぞお気軽に、遊びにいらしてくださいね。

 

 

 

武田武人

武田武人展

2018年11月16日(金)~24日(土)

会期中無休 11時から19時(最終日は17時まで)