滝口和男展~日曜日の風景・・・

 

今日の東京は空気がピンと張って冷たく、光がとてもきれいでした。日曜日の田園調布、いつもと少し違って、普段より賑やかで街に活気が出ます。さて、滝口さんは夕方までギャラリーにいらっしゃいましたが、先ほど京都へ向かわれました。滝口さん、本当に面白い!それは、作品からも伝わってくるのですけどね!

 

taki9

奥)「聖夜を楽しみ」(2種一組)

11,5×6,5×3,0(高・フタまで)cm   11,5cm(高・サンタまで)

86,400円(税込)

 

手前)「芳しき夜に」(3種一組)

12,5×8,5×7,5(高)cm    ( 人形のベース 9,5×7,0cm)

 

 

これは燭台と香炉です。そしてどちらにもお香立てが付いています。

奥のサンタさんのお香立ては、キラキラ金のお星さま。

手前のうさぎのサンタさんのお香立ては、リボンのかかったギフトボックス。

 

クリスマス!

 

 

taki14

「富士上空に」(4種一組)

18,5×18,5×3,0(高)cm 飛行機のサイズ 4,5×4,5cm

51,840円(税込)

 

この角皿は箸置きとセットです。

角皿には富士山が描かれ、飛行機が箸置き。

 

 

taki13

「暁迄も」 (4種一組)

16,0×16,0x2,0(高)cm  本のサイズ 3,5×2,5cm

45,360円(税込)

 

 

こちらの角皿、なんとも美しい模様と色合い。

箸置きは本ですよ!

 

 

 

taki16

「色々な場面に」(5個一組)

径8,0cm 高7,0cm

86,400円(税込)

 

 

taki15

 

こちらは湯呑です。

あちこちにうさぎが隠れています。

色のトーンと組み合わせがなんともおしゃれ。

 

滝口さんの作品には、ひとつひとつタイトルがついています。

この言葉遊びが、おもしろい。

ことばをきっかけにイマジネーションが広がり、作品を見てまたことばと遊ぶ。

 

 

もう少し詳しく写真でご紹介したいので、

続きはまた明日!