滝口和男展~はじまりました

 

 

東京は寒い週末になりました。滝口さんの個展が始まりました。どれもこれもなんともチャーミングで、ギャラリーにいるのが楽しいです。みなさんにぜひ見て手にのせてみていただきたいなぁと思います。とっても軽くて、心くすぐるうつわの数々。どんな風にうたげを楽しもうかと想像力を掻き立てられますよ。ひとりの宴、二人の宴、大勢の宴・・・

 

taki23

 

たち花の入口には、ガラスケースがあります。

ここでまずは皆様をお出迎えします。

 

 

taki22

「七福神たちは」(8種一組)

194,400円(税込)

 

今回のお出迎えは、陶筥に収まる七福神の神様たちのひとがた。

 

 

taki21

お顔がとても穏やかで愛らしい。

ここまで作るのか~!とにやにやしちゃうほど細部まで作られています。

滝口さんが楽しそうに作っている姿を思わず空想。

 

 

そしてギャラリーに入ると、器の数々。

本日はまず、おめでたいところからご紹介します。

 

 

taki26

「愛で鯛と」(5枚一組)

12,0×8,5cm  64,800円(税込)

 

可愛らしい小皿に小さなおまんじゅうを載せてみました。

これ、裏側もちゃんと鯛です。後日またこちらにアップしますね。

 

 

そして、なんにでも便利に使えるサイズのお皿。

 

taki25

「蔦絡まりし」(2種1組)

皿 径20,0cm 高4,0cm 箸置き4,0×5,0cm

32,400円(税込)

 

 

taki24

 

滝口さんのうつわは、何も盛らずに置いておくだけも美しい。

もちろんご馳走を盛れば、器はサポーターとしておいしさを支えてくれます。

普段はお水をはってお花を浮かべてもよし、ただそのまま置いて絵のようにも楽しめます。

滝口さんによれば

 

 

うつわと戯れてほしい

 

 

とのこと。なるほどね~

器の使い方も、器との暮らし方も、枠を外してどんどん自由に。

 

 

taki10

 

 

手に取ると一瞬、驚くほど軽い。

でも普段の食卓にどんどん使いたい、使えるお皿です。

 

 

滝口さんは明日もギャラリーにいらっしゃる予定です。

(明日は京都に帰られるので、念のためお電話でお問合せくださいね)

作品の魅力はもちろん、滝口さんご本人がスタイリッシュで素敵な方です。

お話していると会話がくるくると展開して、とても楽しい。

ぜひギャラリーで滝口さんと出会ってください。

作る人と出会えるのも、個展の楽しみの一つです。

 

taki7

こんな燭台もあり。