武田武人さんのうつわ~個展にむけて②

 

なんだかあっという間に時間が過ぎて、武田さんの個展まで数日になっております。すでに作品リストも届き、明日は作品が到着予定。ベテラン作家の個展準備は、抜かりなくテンポよく進みます。武田さんといえば、幾何学的な模様やかたちが思い浮かびますが、今回はそれに加えて〇が多く登場します。鉢や大皿はもちろんですが、壁に飾る陶板タイルや花器もたのしみです。

 

武田さんの作品は、スタイリッシュ。

うつわとしての使い勝手をそなえながら、どこか作品然とした存在感があるのは、

武田さんの制作コンセプトがとても論理的で、シャープだからなのかもしれません。

 

日常風景の中では、まずは遊び心を感じさせてくれるかもしれません。

部屋のどこかにそれがあるだけで、空間がちょっと洒落た雰囲気になったり、

その鉢がテーブルにあるだけで、食卓がスケッチできそうな味わいある風景になったりします。

普通のお惣菜が、たとえばかぼちゃの煮物が、一味ちがうものに見えるかもしれません。

私は、うつわの奥深い底力を、武田さんの作品で知った気がします。

 

IMG_0498

 

初日の夕刻5時から7時まで、オープニングパーティーをいたします。

どなたでも、何時からでもぜひ遊びにいらしてください。

武田夫妻を囲んで、ワインとおつまみでリラックスしたひとときをお過ごしください。

 

 

〇で〇〇しました 武田 武人 展 

2018年11月16日(金)~24日(土)

会期中無休 11時から19時(最終日は17時まで)