次は、武田武人さん個展~〇〇〇・・・!

 

すっかり秋になりましたね。お天気は安定しませんが、晴れた日の空気や空の高さは一年でも一番の気持ちよさ。皆様はいかがお過ごしでしょうか。たち花は、いつもの常設展示に戻って、少しゆったりと陶芸家たちのうつわをご覧いただけるようにしています。次の個展は、11月半ばからの「武田武人展」です。南伊豆の大ベテラン!でも飽くなき好奇心と柔らかな感性は、ずっと変わらない武田さん。

 

武田さんというと、幾何学的なフォルムや模様が一番に思い浮かびます。

トルコやイスラムの陶器を思い起させる鮮やかな色や模様は、遊び心に満ちている。

粉引きの白も、刷毛目を残して絵画的。

独特な風合いのある白も魅力的。

南伊豆は自然がいっぱいだと思うけれど、武田さんは自由が丘育ち。

絶妙に垢ぬけた洒落者の器は、クリエイターやデザイナーに大人気です。

 

そして、今回の個展は全体のテーマが、マル、丸、〇

 

どんな作品がやってくるか、今から楽しみです。

そして、武田さんとお話しするのもすごく楽しみ!

 

私は、音楽や映画のことを武田さんに教えていただくのが、今から楽しみなんです♪

初日の夕方から、いつものように作家を囲んでオープニングパーティーをいたしますので、

武田さんってどんな方なのか、皆様にもぜひ出会っていただきたいなぁと思います。

作品は作った人を表す、って本当ですよ~♪

 

個展までの間、このたち花だよりで少しずつ武田作品をご紹介していきます。

どうぞお楽しみに!

 

武田武人展

2018年11月16日(金)~24日(土)

会期中無休 11時から19時(最終日は17時まで)

 

 

2018.10.12

田園調布で見た太陽の光の美しさ ” 天使の梯子 ”