西川聡DMブログ用

 

 

2019年6月28日(金)~7月6日(土)  終了しました

11時から19時(最終日17時まで) 

会期中無休

 

久しぶりに西川聡さんに、個展をいていただきます。

西川さんとたち花のお付き合いは長いのに、個展は3度目。

独特の赤い器、渋い銀彩や黒の花器、そして大人気の茶器などなど。

最新の西川さんの陶の世界をお楽しみください。

西川さんの在廊日は、

6月28日(金) 30日(日)

の二日です。

 

西川 聡

 

1967年 愛知県 名古屋市生まれ

1990年 武蔵野美術大学工芸工業デザイン学科卒業

1991年より個展を中心に作品を発表。

同時にテーブルウエアの企画デザイン、ホテル、レストランの食器やオーナメントも手がける。

また西アフリカやアジアの土器や生活道具に魅了され漆を施した陶器「赤い器シリーズ」を発表。

旅をテーマにした作品も制作している。

1997年 アフリカ大陸、中近東など22カ国放浪。

帰国後独立、2004年 神奈川県 湯河原町に工房を移し活動している。

 

 

主な個展

桃居(西麻布) うつわ楓(南青山) たち花(田園調布)

Gallery moe(熊本) Gallery招山(鎌倉)

ヨーガンレール(札幌 福岡 仙台 清澄本店)

福光屋(銀座) 日々(銀座) 小慢(台北)

元白(杭州)NOTION(国立) bonton(芦屋)

Analogue Life(名古屋) スパイラルマーケット(青山)

京王百貨店(新宿)

他 多数