春を告げる~川崎 毅の匣

立春を過ぎたら、夕暮れ、ずいぶん日が延びたように感じます。庭の梅の木にはヒヨドリがえさをねだりにやって来ますが、春を告げる鳥もそろそろ来ることでしょう。今日は、川崎毅さんの匣(はこ)をご紹介します。川崎さんは、陶のオブジェを作る作家。そして、味わいある絵付けをした白磁のうつわを作っています。この匣の上にのっているのはトリ。ふたを開けても絵になりますね。

 

kawasaki1

 

川崎 毅 匣(鳥)

径11,0cm 高20,0cm

38,500円)(税込)

 

kawasaki3

 

鳥です。

 

IMG_0547

中には何をいれましょうか。

IMG_0548

 

IMG_0549

 

kawasaki2

ふたと本体にはに、合わせの印があります。

 

川崎さんの作品は、どこかほっとするような、ノスタルジックな雰囲気をたたえています。

玄関に置いたり、部屋の窓辺に置いたり、日常の中でふと目をやると鳥と目が合う、

そんな場所に置いて、お楽しみください。

・・そうそう、触り心地もよいのです。陶のすべすべでヒンヤリした感触、気持ち良いですよ。

 

 

お問合せ、ご購入は、

e-mail: yoara@tojiki-tachibana.com

phone: 03-5483-8286

 

又は、オンラインショップからどうぞ→