日常のうつわの楽しみ方。

 

今日の東京は、また暑くなりました。8月は明日でおしまい。空気はもう秋の匂いと気配を孕んでいます。暑さばかりが印象に残りそうな夏でしたが、皆様は、どんなすてきな夏をお過ごしになりましたか? 猛暑はさすがに身体にこたえましたが、たち花の今夏は、下和弘さんの個展などでにぎやかに活気づきました。いい夏でした。9月に入ると、すぐに若林和恵さんの個展。DMの発送をはじめている今週のたち花です。

 

そんな今日この頃、とてもうれしいメールが届きました。

下和弘さんの個展の時に来てくださったお客様からです。

お会いした時にいろいろおしゃべりする中、

日常でも下さんのうつわをどんどん使っています、というお話を伺い、

それでは機会があったら、ぜひお写真を送ってくださいとお願いしたのです。

 

そして、その方から届きました!おいしそうな楽しいお便り!!

わ~覚えていてくださったんだなぁと、もぅ嬉しくなりました♪

早速、ご紹介させていただきますね。(ご本人のご承諾をいただいております)

 

下和弘

個展に出ていたリム皿です。

 

これは、ブタしゃぶかな?

お皿の絵の色合いに、プチトマトがさらにキュッと赤をきかせて、

もりもり食欲が出てきそう。

 

image2

 

こちらもまたまた元気にゴハンが進む美味しそうなお肉~~

いい匂いがしてきます。

 

 

image3

 

そして、かわいいパンケーキ!

ハートや星型の小さなパンケーキ。

下さんの絵と一緒に行進しているみたいです。

 

毎日の明るい食卓が目に浮かびますね~

まだ小さなお子さんがいらっしゃるとのことでしたが、

カラフルなお皿とそれに負けない元気が出るお母さんの手料理は、

どんなレストランにもない世界一のオリジナル!

こんな風に、日常生活の一部に下和弘さんのうつわが溶け込んでいて、

シアワセなご家庭の雰囲気が伝わってきました。

お写真、ありがとうございました。

 

日常だからこそ、気に入ったものに囲まれて、

毎日のことだからこそ、質の良いものを丁寧に使う。

そんな素敵な風景が見えてきました。

 

 

下さんは、「作るの大好き!」と伝わって来る作家さんの一人です。

 

使うひとに「元気になる」と言われるのが一番うれしい

 

という下さん。

 

 

使う時も洗う時も、そこにただ置いてある時も楽しいように、

表にも裏にも絵を描き、工夫を凝ららし、楽しませてくれる下さんの器。

これからどんな作品が生まれるか、楽しみです。

次回の個展は2年後の予定。

たち花では、下さんのうつわを常時ご紹介しております。

何かお探しのもの、ご要望などございましたら、ご遠慮なくお問合せ下さい。