川崎 毅 展~白磁のうつわ・本日のオブジェ

台風が来ているようですね。東京は朝からどんより曇り空が続いています。川崎さんの個展、今日も朝からゆっくり途切れずにお客様が来てくださっています。白磁は今日のようなお天気に清涼感を与えてくれます。たち花の中は清々しい~。

 

 

というわけで、またまた今日も閉店間際のブログになりました。

 

川崎さんといえば、陶のオブジェや匣のイメージですが、磁器のオブジェもあります。

 

kawa35

左)校舎  5,0×9,5×5,5(w)cm  10,800円(税込)

右)ニワトリ 9,5×16,5×6,0(w)cm  14,040円(税込)

 

 

kawa31

サカナ 6,5×12,5×9,0(w)cm  12,960円(税込)

 

kawa32

 

目がかわいいと評判。

 

 

kawa33

サカナ 7,0×14,0x7,5(w)cm  12,960円(税込)

 

 

こんな作品を作る川崎さんは、

 

kawa30

 

こんな川崎さんです。

 

川崎さんが描く絵は、磁器に筆でささ~っと描くものではなく、

まるでデッサンのように描かれています。

 

一見すると、可愛らしいのかもしれませんが、

絵のひとつひとつに在る世界は、この「可愛らしい」という言葉では足りません。

もっともっと面白く軽やかで豊かだと感じます。

何か良い表現を見つけてお伝えできるとよいのですが・・・

 

 

kawa34

 

今日は、小耳にはさんだところ(笑)、お客様とセザンヌ論のようなことをお話されていました。

 

既に人がやっていることをやっても面白くないし、

かと言って、探究して突き詰めたらそこに行く、という「究極」を全員がやる必要もないし・・・

 

とかとか。(ちょっといい加減な私の耳ですが)

 

川崎さんは、誰からのどんな質問やお話にも、ご自身のリズムでゆっくり穏やかに応じていらっしゃるのです。

そばでそっとその様子を見ていると、作品と川崎さんの佇まいが、なるほど重なって見えてきました。

ゆったりどっしり軽やかに。

あわて者の私は、川崎さんのこのゆったりしたリズムに大変憧れます♪

 

川崎さんは明日も、お昼くらいからギャラリーにいらしています。

ぜひお出かけくださいね。