岡見周二展~最終日   

 

岡見さんの個展、今日は最終日です。会期中の東京は、あまりお天気が良くなくて雨も気まぐれに降りました。秋らしいといえば秋らしい空模様でした。連休は初日、個展は最終日。街もどことなくのんびりしている感じがします。

岡見周二 焼き締め

手付き鉢  径22,0cm  高13,5cm  27,000円(税込)

 

岡見周二 焼き締め

片口(面取) 15,0×8,5(高)cm  径11,5cm   10,800円(税込)

 

岡見周二 焼き締め

片口(炭化) 15,ox8,0(高)cm 径11,5cm  19,440円(税込)

 

岡見周二 焼き締め

片口(炭化) 14,5×11,0x9,0(高)cm    16,200円(税込)

 

こんな片口にお酒を入れて、花入れにはススキや吾亦紅を飾って、月を愛でる。

う~ん、風情がありますね。

高層マンションの窓辺だって、小さなお家のいつもの部屋だって、

きっとそこには違う時間が流れるのではないでしょうか。

やきものは、人間と共に生きて来た、土と火から生まれたうつわです。

たべものを入れたり、花を入れたり、火にのせられたり、火を受け入れたり。

常に生命と共にあるのがやきもの。

どんなに暮らしが新しくなっても、人間は自然を感じたいと本能的に望み、

何かのかたちで自然と共に在ろうとするのでしょう。

それが、陶器という身近なものであり続けるように、

岡見さんの作品をこれからも皆様にお届けしていきたいと思います。

 

最終日の今日は17時までです。

どうぞお出かけください。