大隈美佳展最終日~ワークショップも

 

今日の東京は暖かくてお出かけ日和。大隈美佳さん個展最終日は、朝から大隈さんとお客様の笑い声がギャラリーに響いてほがらかな空気に包まれています。午後からはワークショップの2回目が始まりました。今日は定員満席。これまでのワークショップは絵付けでしたが、今回は初めてカタチから作っていただいております。皆さん、真剣~~~

 

okuma210

 

最初に、大隈さんが見本を作って説明。

 

okuma212

 

こんな風に、土を丸めて犬の本体を作りまーす。

 

okuma211

 

胴体に耳、鼻、目を付けて。ちっちゃ~い。

でも焼くと15% 小さくなるから最初は大き目に作っても大丈夫。

 

okuma209

土が配られてスタート。

 

というわけで、わたくしはバックヤードでたち花だよりを書いております。

 

 

okuma200

青絵サボテン花器 径11,5cm 高13,5cm

21,600円(税込)

 

okuma61

 

okuma201

花のボウル 径18,0cm 高8,0cm  12,960円(税込)

 

okuma204

オレンジ

 

okuma202

ブルー

 

okuma205

 

okuma206

ピンク

 

okuma207

こちらはお洒落な中間色ですね。

 

サラダでも煮物でも、おそうめんでも(!)

ひとりひとりの器としても使えるサイズです。

または、お友達をよんでお食事するときなど、

テーブルの上にいくつか置いてみるとぐっとお洒落になりますよ~

 

そうそう、私の日常からばかりでは限界がありますので(苦笑)、

大隈さんの器をお使いになっていて、もし素敵なアイディアやお料理の写真があったら、

ぜひたち花に送ってくださいね!このたち花だよりでご紹介したいと思います。

 

今日は最終日で17時までです。

お散歩のついでに、ぜひお立ち寄りください。

お待ちしております。