大隈美佳さんのうつわ~春のお菓子と。

大隈美佳さんの個展も明日までとなりました。このブログを見てお問合せ下さるお客様もいらして、ありがたい限りです。大隈さんのうつわは、可愛らしいけど大胆。可愛らしいけど成熟。可愛らしいけど謎! 動物たちはどこか人間のようだし、植物やお花は息をしているようです。むずかしいことは横にひとまず置いて、おいしものを食べよう!という気分にさせてくれる器。

 

今日は、うつわにお菓子を載せたものをいくつかご紹介します。

 

okuma69

青絵取り皿 径16,0cm 高2,0cm  4,320円(税込)

 

道明寺をのせました。関西ではこれを桜餅と言うのですよね。

お雛様も、京都はお雛様が向かって左側、お内裏様が右。

お稲荷さんも、西はお揚げさんを裏返して△、東はそのままで俵。

・・・と話題がそれました。もどります。

okuma113

 

okuma112

 

okuma111

 

okuma110

使いやすい取り皿。

 

そして、

okuma108

青絵小皿 径8,5m 高1,0cm  2,160円(税込)

 

ひなあられをのせました。

 

okuma109

 

okuma114

スイートポテト。

 

okuma105

ちびコップのソーサーとしても使えます。

豆皿よりは大きいけれど、ちょっとしたお菓子をのせるのに便利。

 

okuma104

ちびコップ 径6,0cm 高6,0cm  3,780円(税込)

 

水切りして短くなったお花を入れてみました。

 

 

okuma107

青絵ぐい呑み 径6,5cm 高4,5cm  3,240円(税込)

 

okuma106

うさぎ。

okuma121

ネコ(売却済)

 

okuma117

花のドラ鉢 径24,5cm 高3,5cm  16,200円(税込)

 

okuma118

 

色が優しい。

 

okuma115

 

okuma116

 

okuma120

 

ソション・オ・フランボワーズ をおやつに。

田園調布のロータリー側にあるパティスリー・ピネードで調達。

 

okuma119

 

 

どれも春にぴったりのやさしい華やかさ。

やっぱり大隈さんのお人柄が出ております。

 

 

いずれもお電話でもご注文を承ります。

phone: 03-5483-8286

 

明日は最終日!

14時からはお箸置きをつくるワークショップ。おかげさまで、こちらは満席です。

ワークショップの開催中も、ギャラリーの展示は見ていただけますので、ぜひお出かけくださ~い。