下 和弘 展~ポットポットポット。

たち花がある大田区は、午後から光化学スモッグ注意報が出ております。私が子どもの頃には、この光化学スモッグ注意報がしばしば出ていたのですが、最近あまり聞いたことがありませんでした。そういえば、子どもの頃は気温が30度というと、「きゃー大変!」という反応でしたが、もはや「あら、30度なの?」くらいの軽い反応になってしまっていますね~皆様、お身体お大切にお過ごしください。

さて、下さんの個展も明日が最終日となりました。

この暑い中、来てくださるお客様には感謝感謝です。

 

今日は、下さんの絵付けの楽しさをたっぷり味わっていただけるポットをご紹介します。

 

IMG_9070

25-9 IROEポット

径9,0cm 高19,0cm 48,600円(税込)

 

IMG_9071

反対側は牛。

 

IMG_9072

ふたの模様は繊細。

 

IMG_9073

ふたの内側にはお花の絵。

IMG_9075

もちろんポットの底にも。牧草か??

 

 

IMG_9088

25-10 IROEポット

径9,0cm 高19,0cm 48,600円(税込)

 

音楽が聞こえてきそうな楽師たちの絵。

 

IMG_9090

 

IMG_9091

フタの模様や、注ぎ口にかけての絵もみんな違うので、

丁寧に見てみると本当に楽しいですよ。

 

IMG_9092

フタの内側とポットの底。楽器が描かれています。

オーボエ?

 

IMG_9094

「ちょっと待った!」と目が合ったのは、ウインクしているバス奏者。

 

 

IMG_9106

25-1 IROEポット

径9,0cm 高19,0cm 48,600円(税込)

 

お次はボクサーです。

 

IMG_9107

 

IMG_9109

フタは、パンチが決まったところ。

 

IMG_9110

ポットの底とフタの内側。

 

・・・と、こんな風に下さんのイマジネーションの世界は色とりどりです。

もちろん使いやすいんですよ~

取っ手にはすっと指が入ってしっかりホールドできます。安定感は満点。

注ぎ口も、細すぎず太すぎず、コーヒーやお茶がきれいに入れられます。

飾って賑やか、使って嬉しく、洗う時もたのしい。

 

下さんが作る器には、歓びがあります。

 

さて、ミュージアムピースになりそうな傑作を最後に。

 

IMG_9122

架空のいきもの、麒麟?

 

IMG_9124

細かい絵は、物語の一場面のよう。

 

IMG_9123

美しいブルーと金が、ノーブルな雰囲気のポットです。

 

IMG_9125

裏は他のポットよりも静かな雰囲気で、着地!という感じですね。

 

このポットは素敵な女性がお求め下さり、売約済みです。

 

明日の最終日は午後5時まで、です。

どうぞお出かけくださいね!

 

IMG_9061

 

作品は、お電話でもご注文を承ります。

phone: 03-5483-8286

 

下 和弘 個展 ~色絵百景~

2018年7月27日(金)~8月4日(土)

会期中無休 11時~19時(最終日17時まで)