下 和弘さんのマグカップ

今朝はいつものルートを変えて、多摩川沿いの道を走って田園調布まで来ました。多摩川の土手には黄色い菜の花と、うすいピンクの桜の花が満開、そして草が鮮やかな若々しい緑に青空。なんて嬉しい日和でしょう!寒かったり雨が降ったり暖かくなったりを繰り返すお天気に、体調を崩していらっしゃる方も多いようですが、この気候のおかげで桜が長持ちしているのかな。

 

たち花1階の入口ショーケースには、関西は伊賀の作家、下和弘さんのマグカップを展示しています。

下さんの器は、昔からたち花を知ってくださるお客様にはちょっと異色かもしれませんが、最近、下さんファンが急増中です。

表に裏にと描かれたカラフルな絵や、金銀を使って3Dで飛び出す細工のついたカップなど、

下さんのうつわはまさに遊び心のかたまりです。

ショーケースを見て2階のお店に上がって来てくださる方が増えました。

 

下和弘

下 和弘 作 platinum circus mug  径10,0cm 高7,5cm 24,800円(税込)

 

このマグは、きのこがついています。

 

 

dora6

 

 

きのこもひとつずつ型を作って作られています。全部、磁器。

 

 

dora7

 

取っ手の形も美しいですね。

そして何より、下さんのうつわは見た感じよりもずっと使いやすくて、

取っ手にはすっと指が馴染むし、飲み口は優しくて大変デリケートに配慮されています。

 

 

dora5

下 和弘 作 gold circus mug 径9,0cm 高8,5cm 21,600円(税込)

 

これは、飛行機や気球がついています。

 

dora4

これも全部、型で細かいところまでこだわって作られています。

 

dora2

右側の渦巻きは、雲!

 

dora3

 

下さんのうつわは、器であってオブジェ。どちらも同じ意識で差はないそうです。

とにかく楽しいでしょう?

ここまでやるの???と思わずにやにやしてしまうほど、遊び心と徹底した制作魂にあふれています。

それに作家ご本人が作ること、描くことが大好きなのが伝わってきます。

だからと言って自己満足的ではなく、使う人への優しさがさりげなくすみずみまで行き届いているところが、

なんともココロ憎いところ、そして思わず買ってしまうところ!

 

 

下さんの作品は、飽きることがないところも、すごいなと思います。

毎回新しいテーマで、次は何が出るか!?とワクワクちょっとコワゴワする、大変魅力的な作家です。

 

 

 

お問い合わせは

phone: 03-5483-8286

または、こちらから→ どうぞ。