たち花は1999年生まれです。

 

ふと気づくと、夕暮れが少し遅くなっていて、5時近くまでまだ明るい。ちょっと前がお正月だったのに、もう1月半ば過ぎてしまいました。日常の感覚が自然のリズムに追いついていない~~ 時が経つのは早いもので、たち花は3月でオープンしてから20年に入ります。昨年末にあれ?と気づきました(のんびり))。ふだんはあまり意識していないけれど、20年とは長い長い日々のような・・・

 

たち花のオーナーと一緒にこのギャラリーを始めた前ディレクターは、

今は空の上からたち花を見守ってくれています。

今よりもずっと若くて(当り前ですが)、力持ちで、身軽だった私は、

そのディレクターに誘われて、アルバイトでお手伝いに来ていました。

最初の一歩の現場にはいなかったから、いろいろ知らないことも多いのですが、

とにかくこうして、20年近くせっせとこの地に通って、現代陶芸を見て触って、

展覧会を開いて、お客様と接する仕事をオーナーのもとで続けてきたのだなぁと、

いろいろ思いが巡ります。

 

さてそんな1999年生まれのたち花、

 

2019年3月6日(水)から16日(土)まで

20周年記念ー陶のうつわとオブジェ展ー

 

をいたします。

たち花がご紹介して来た現代陶芸作家の作品を、つぶさにご覧いただきたいと思います。

 

それにしても、20年前からずいぶんとその姿が変わったのは、田園調布駅前ですね~

IMG_1400