お茶をどうぞ~若林さんの角皿       

 

今日は、お天気が良いので、午前中は赤坂見附のホテルニューオータニにある、現代陶芸寛土里で開催中の「川崎毅展」に行ってきました。川崎さんの遊び心あふれる匣がたくさん出ていました。展覧会は、10月10日(月祝)までです。

さて、そして田園調布に戻って来ると、ここはやはり住宅街。とても空気がゆったりしてのんびり。

都心とは違います。

 

たち花は1999年にスタートしたので、気づけばなかなかの年月が経っています。

田園調布との長いお付き合いで感じるのは、この町だからのお客様との出会いや会話ができること。

先日、初めていらして下さったマダムとは、ちょっと先の駅にある不思議な古本屋さんのおはなしや、

お友達のデザイナーが突然ヒマラヤに登ったおはなしや、もちろん器の話やらと、人生の先輩との豊かなひとときでした。

 

「思いをかたちに、しているのね、陶芸の作家さんたちは。」

 

とおっしゃっていましたが、まさにその通りですね。

そして、浮世離れしているわよね、ふふふと笑っていらっしゃいました。

 

来週から展覧会の若林さんは、浮世離れしているかもしれません。

おしゃれだし、ユーモアがあって、まじめでかわいらしい女性ですが、

奥の奥の方にとてもピュアなものが光っています。

それは「浮世」に手が届かない場所のような気がします。

 

 

kazuen1

こんな角皿を私は以前から使っています。

上にのっているのは、成城学園前駅前で買った、おいもさんという名の和菓子。

日本茶はもちろんですがコーヒー紅茶、なんでも合います。

若林さんのうつわも、和洋なんでも似合う。

お客さま用に使うだけではなく、

かなりおばあさん(笑)になった我が母が、ひとりでいても楽しくおやつをいただけるように、

色のきれいな和恵さんのお皿でお茶を楽しんでもらっています。

 

kazuen2

まさにおイモの風情ですね。シナモンまみれ(ニッキっていった方がおいしそう)

バターの香りがふっとします。

 

kazuen3

これは、おまけ。

 

 

kazuen6

角皿の裏には和恵さんの和。

銘がかわいい。

 

 

denenen

来週からの展覧会が楽しみです。

田園調布は、都心から遠いと思っていらっしゃる方が多いのですが、

アクセスがとてもよくて、渋谷や目黒から電車で15分以内です。

渋谷や目黒はその先が地下鉄で東京の中心を通り、横浜から埼玉県方向まで繋がっています。

おまけにたち花は駅から、あっという間の徒歩2分!

さて、小さな町ですが田園調布のことも、これからこちらのブログでご紹介していきますね。

若林さんの展覧会にいらっしゃったら、町のお散歩も!