お茶を楽しむうつわ展 ~15日(水)から

 

寒くなったり暖かくなったり毎年この時期は、日々の気温差に翻弄されてしまいますね。今日は冬に逆戻りの冷たい空気ですが、そうは言っても夕方は6時近くまで空が明るかったり、冷たさの中にも冬とは違う春の円さを感じます。

さて、来週の水曜日からいよいよ

 

お茶を楽しむうつわ展

 

です。

 

ochadm2

 

今回はメインに3名の陶芸家の作品、そしてたち花でおなじみの作家さんたちのうつわをご覧いただきます。

 

たち花は、現代陶芸、特に陶のオブジェなどの現代美術的作品を制作する陶作家を中心に、

個展開催で作品をご紹介することをコンセプトにスタートしました。

ちょうど今週3月6日で18歳。19年目に入りました!

 

オーナーと初代ディレクターの大切なコンセプトを守りながら、

時代の変化とお客様のご要望を店先で感じ取り、この数年は変化や試みを少しずつ加えて、

作家の皆さんと共にゆっくりとここまで来ました。

 

 

お茶を楽しむうつわ展では、ギャラリーにいらしたことのない方にもぜひお出かけいただいて、

陶芸の面白さ、奥深さ、多様性に触れていただきたいと思っています。

普段はすすっと見て、ピンとくる何かに出会わずにお帰りになる方にも、

少したち花の空気を楽しんでいただけるようにひと口のお茶をお出しします。

 

たち花は、陶芸のお店、ギャラリーとしてはかなりスペースがゆったりしています。

ですから、お越しくださった時にはどうぞお茶を飲みながら作品を楽しんでくださいね。

この場所で、作家との出会い、人の手から生まれたものとの出会い、お客様同士の出会い、

作り手の考えや、陶芸の技術、歴史、センス…さまざまな交流が生まれるといいなと思います。

 

・・・とまぁ、あたまの中と気持ちは盛り上がりますが、

まずはみなさんと楽しく春の日を送れたらいいなと思っています。

 

お気軽に、ぜひお出かけください。

 

ochada1